FC2ブログ
今日も酔っぴ♪
ツイート以外はこちらから
会社のドアは赤い
2004年04月01日 (木) | 編集 |
見ると、黒く塗りたくなる(違)。

柱も赤い。
スタイリッシュ・オフィスだから(笑)。

エレベータホールから会社に入る時、赤いドアを開けるには、セキュリティカードが必要となる。
内側から開ける時は、鍵のつまみを回せば良い。

午後、トイレに行こうと、鍵のつまみを回す。
ドアに PULL と書いてあったので、引く。
鉄で出来た赤い扉が私の右足親指を直撃する。
ちなみに、私は旅行用のスリッパ(オレンジ色)をはいていた。

タンスの角に足の小指をぶつけた時を想像する。
そして、それを10倍にする。

声なんて出やしない。
うずくまることも、とびあがることも出来ない中途半端な状態で、踊りまくる。

誰も見てなくて良かったと思う。
でも、誰か見てても同じ反応だったろう。

*****

夕方、私の心臓は右足の親指にあった。

スリッパを脱いで見る。
ストッキングの親指の部分に血がこびりついている。

み:「あ、痛いと思ったら血が出てる(;_;)」
隣の男性:「ひゃ~~~!」(←そこまで反応しなくても...)

*****

爪が浮いていた。

トイレでストッキングを脱ぎ、マキ○ンで消毒し、絆創膏を貼る。
他の人にもらった新しいストッキングを履く。

スリッパの内側にも血がこびりついていた。

トイレに来た人たちが、「痛そー(痛いよ)」等と言いながら、私の足の親指を見て行く。

*****

極力、右足の親指に力をかけないよう、ぴょこぴょこフロアを歩いていると、総務の女性に声をかけられる。
「大丈夫?(大丈夫じゃないよ) すごい流血だったんだってね。」

他の人に私の怪我の話を聞いたらしい。
でも、流血は大したことなかったんだけど...。

だんだん話が大袈裟になっていきそうな気が...(--;)。

*****

22時、内側からアルコール消毒をすべく、出来たばかりのコンツェ恵比須へ。
http://www.dias.co.jp/silverg/index.cfm

私は、来週の打ち上げに参加出来ないので(参加しに来ても良いけど(嘘))、会社の人が連れて行ってくれる。
会社の人がよく行っていた銀座のダイニングバーの姉妹店らしい。

水が流れる壁。
青い間接照明。
大理石の床。
黒いソファ。
大人のムード漂うお店。
「ヨーロッパ中世のインテリアを現代風にアレンジしたスタイリッシュなインテリア」らしい。(またスタイリッシュかよ)

ちなみに、私は、
シルクレーヨンの淡いブルーグレーのニット。
シルクの柄もののプリーツスカート。
ベージュのハーフ丈のスプリングコート。
金色(?)の約9cmのヒールの靴。
(一応)大人だし、ぴょこぴょこ歩きだという以外は、お店の雰囲気に溶け込んでいる(はず)。

そのお店で、ぴょこぴょことトイレへ行く。
そして、ぴょこぴょこと席へ戻る。
大理石の段差で転びそうになる。
何とか踏ん張る。

右足の親指に激痛。
左のヒールがグラグラになる。

だが、私は、この足しか持っていないし、この靴(とスリッパ)しか持って来ていない。
右足は、親指に力をかけないように。
左足は、かかとに力をかけないように。
よちよち。