FC2ブログ
今日も酔っぴ♪
ツイート以外はこちらから
くじゅう(料理満喫コース)
2006年09月22日 (金) | 編集 |
そこから宿は近かった。
http://www.resonate.co.jp/

国立公園内にあるため、地形そのままを利用しているらしい。
部屋へ行くまで、結構、階段があったり、段差があったりする。
部屋も、どれもちょっと高床になっている。
野生のうさぎや狐が通り抜けられるようにしているらしい。

北東側の山に面した部屋だった。
安いプランだから文句は言えないが、南側だったら、そりゃあ景色が良かっただろうなぁ…。

部屋は、セミスイート。
数段の段差で、リビングとベッドルームに分かれている。
リビング↓
060922_1021.jpg

ベッドルーム↓
060922_1023.jpg

明かりが暗いのは、国立公園内だからだったかな…。(何らかの理由を言われた)

温泉ではないが、内風呂がついていて、ひのきの香りがする。
060922_1020.jpg
窓に面しているので、どうにかすりゃあ、露天気分かな…。

アメニティも充実。
060922_1026.jpg


すぐに、売店に行き、大浴場へ行く。
もうすっかり日が暮れていた。
露天風呂の周りは何もない。
星空が見えた。

19:40、夕飯。
8000円ちょっとのコースを予約しておいた。
最初の1杯は、私もビンボー氏も地ビール。
ビンボー氏は、その後、バーボン。
私は、2杯目も地ビール。その後、グラスワイン。

食事はどれもおいしかった。
060922_1027.jpg

060922_1028.jpg


レンズ豆だけは、2人して残したけど…。
060922_1030.jpg

ご飯好きのビンボー氏が、パンに夢中だった。
060922_1029.jpg

楽しみにしていた豊後牛
060922_1031.jpg

デザートが出る頃には、お腹いっぱいだし、甘いし…で、ギブアップ寸前。
060922_1032.jpg


1時間半の食事を終え、一旦、部屋に帰り、一服。
バーへ行く。(レストランに併設)

ピアノの生演奏なんぞを聴きながら、飲む。
060922_1033.jpg


レストランの玄関を出て、星空を見上げる。
さそり座?はわかったけど、北斗七星がわからなかった…(--;)。

部屋へ帰り、内風呂に入り、良い気分で就寝。
くじゅう(景色満喫コース)
2006年09月22日 (金) | 編集 |
長者原を通る。
日本にこんな景色が残っているなんて、奇跡だと思えるほど、雄大な景色。
すごーい!
060922_0991.jpg

060922_0990.jpg


しばし景色に見とれ、お昼が食べられる場所を探す。
目的地からは外れるが、ここぞと思う場所を目指し、車を走らせる。
途中、私が行きたがった『くじゅう野の花の里』がある。
お腹ぺこぺこで、どうにかなりそうだったが、ここで車を停める。

私は、何種類かの植物を購入(^^;)。
ついでに、お土産もの屋を覗き、ちょこちょこ買い物。
そのまたついでに、ビンボー氏が食べたがった、キジそば、キジめしがあったので、ここでお昼を食べることに…。
060922_0999.jpg

060922_1000.jpg

私は、本場(?)の高菜ピラフ。
060922_1001.jpg


そこに貼ってあった新聞の切り抜きを見て、つり橋を見に行く。
開通は10月末らしく、まだ道ができていなかったので、遠くから…。
060922_1003.jpg
高所恐怖症には、遠くからでちょうど良かったかも…。

ちょっと寄り道し、宿を目指す。
途中、寄りたかった焼き物屋は休み。
通る予定だった有料道路は閉鎖。(5:00以降閉鎖?)

普通の道を通っていくことに…。
その途中、あざみ台展望所というところに寄る。
060922_1013.jpg


阿蘇五岳が遠くに見える。
060922_1008.jpg

お釈迦様が横たわってる姿にたとえられるらしい。

「あそこが顔かな?」
「うんうん、横顔ね。鼻があって、口があって…。」
「で、あれは胸かな。」
「うん。結構胸板厚いよね。」
060922_1010.jpg


「ってことは、あれは、手を重ねてるとこ?」
「ってことは、あれは、チン●?」
が同時だった。
………(--;)。

060922_1010_2.jpg

結構、デカイじゃん、チン●…(--;)。

すさまじいまでの大パノラマ。
060922_1012.jpg

「日本一のパノラマ」という看板があったが、ビンボー氏は、「何を基準に日本一って言うんだろう」ってことばかり気にしていた(^^;)。

雄大な景色を詠んだ与謝野晶子の歌碑もある。
『久住山阿蘇のさかひをする谷の外は襞さへ無き裾野かな』
060922_1015.jpg

ビンボー氏にカメラを向けると、このポーズをとってくれた(--;)。

車を走らせていると、すぐ近くにワイナリーを見つけ、車を停める。

060922_1019.jpg

試飲をし、1本購入。
チーズソフトスペシャル(白ワインがけ)を食べながら、しばし、景色に見とれる。
060922_1017.jpg


ワイナリーの建物から、ずっーーーーっと、ぶどう畑が続いている。
500メートルも続いているらしい。
夕日に映えて美しい。
060922_1016.jpg


そのまま、日が沈むのを見ていたかったのだが、明るいうちに宿に着くべく、出発する。
くじゅう(面白いもの満喫コース)
2006年09月22日 (金) | 編集 |
11:11、家を出る。

耶馬溪ダムで、トイレ休憩。
060922_0973.jpg


行橋北小学校(だったかな)の4年生が、社会見学でお弁当を食べている最中。
散歩している近所の人らしきおじさんが、小学生に声をかける。
「この後、午後は、どこへ行くの?」
「耶馬溪ダムです。」
「ここが耶馬溪ダムだけど。」
という会話が聞こえ、笑いをこらえる。

一路、くじゅうへ。

デカいドラえもんがあるドライブイン(?)で車を降りる。
酷いドラえもん↓。
060922_0978.jpg

反対側は、更に酷い(--;)。
060922_0977.jpg


ドライブインの脇にトップサイレンスという白馬がいる。
060922_0979.jpg

父馬はジェニュイン、母馬はホワイトスズラン、祖父がサンデーサイレンスという、まさしく、サラ中のサラである。
060922_0982_1.jpg

なのに、くじゅうの一ドライブインなんかに、何故?
しかも、愛称、「幸(さち)」って…(--;)。
(後で調べたら、3、4回出走したけど一度も勝てずに、そのまま…らしい。馬肉にならなかっただけでも良いのかな。)

わんこも居る。
060922_0986.jpg


2匹。こちらも馬同様、名前の看板が…。
060922_0987.jpg

どんな愛称かと近寄ってみたら…(--;)。
060922_0988.jpg


おなかは空いていたが、何も食べず、先へ急ぐ。