FC2ブログ
今日も酔っぴ♪
ツイート以外はこちらから
お転婆
2008年02月19日 (火) | 編集 |
10時に起きて、私の実家へ。
「平日においでよ、泊りがけで阿蘇にでも行こう。」と言われたので、無理して休みをとったのに、「寒いから家でゆっくりしよう」と言われてしまった(--;)。

*****

SAでラーメンを食べ、14:00頃、到着。

15:00頃、大将と一緒にお墓参りに…。

歩いて行こうと、裏の道を登り、みかん山を突っ切り、お墓に到着。
2人して息が切れ、しばらく呼吸を整える。

080219_2635.jpg

お参りをし、別のルートから帰ろうと、道路に出る。
道路を挟んで、元中学校(2年ほど前に移転した)で、私は、2年間通った。

100メートルほど進んだところで、確かこっちが抜け道だった…と道を外れる。
側溝沿いに、土が階段状になっている。
以前とは状況が違い、出口側に降りる道があるのやら、ないのやら…。
道路まで、2メートルくらいの高さの場所に出る。
大将が、「降りられるのか?」「こっちが階段っぽくはなってるけど無理っぽいし…」とか言う。
確かに、当時とは違っているが、小さい頃は、この辺りをかけまわっていたんだから…。

土手を見ると、ごろごろと石が出ていて、足がかかりそう。
誰がつけたか、縄もついている。
縄を持って、石の1つに足をかけ、無理やり降りようとする。
2歩目をどこの石の上に出そうか迷い、飛び降りることにした。

道路までは1メートルくらい。
ぽんっ!と飛び降りるはずが、足元に段差があり、右足首をぐきっと曲げてしまい、そのまま道路の真ん中までごろごろごろ…と転げる。
「大丈夫か?」と笑いながら、大将が「階段っぽくなってる」と言ったところを降りてくる。
そこから降りられるんじゃん。
痛くて、道路の真ん中で転がったままになっていたが、車が来たので、逆に転がりながら、脇に寄る。

大将は「大丈夫か?どっか怪我した?すりむいた?」とか言っていたが、痛くて答えられない。
道傍に腰掛け、半泣き&半笑い(痛くて笑えた)で、「足首ひねった…」と言う。
立ち上がってみたら、ふくらはぎが無茶苦茶痛い。
どっか筋を痛めたみたい。
膝を曲げたら特に痛いし、右足を引き摺りながら、帰宅する。
大将に、「ばかだなぁ」と言われる。
うん。私もそう思う(;_;)。

帰って、大将に湿布を貼ってもらいながら、両親に話したら、「もう若くないんだから、昔みたいには行かないんだって。」とか「お転婆する年じゃないって分かったでしょ?」と言われる。
はい…(--;)。

夜は、鯛のお刺身&アラの煮物、馬刺し。

大量にビールを飲む。

最後は、記憶なし。