FC2ブログ
今日も酔っぴ♪
ツイート以外はこちらから
平戸へ
2009年09月17日 (木) | 編集 |
結婚記念日なので、半額宿泊券を使って、平戸温泉へ。
平戸、意外と近い。

車も人間もおなかがすいていたのに、ガソリンスタンドと食べるとこがなかなか見つからず(あっても反対車線とか)。
車は途中で給油できたけど、人間は腹ペコ。

なのに、生月島へ行く途中、道に迷う。
曲がるところを間違えたのでは…と思った頃には、Uターンも出来ないほどの山道。
車がすれ違えないどころか、車幅よりも道幅が狭いんじゃないかってくらい。

かなり怖かったが、Uターン出来ないのでは、進むしかない。
最初は、「どこかに通じてるよ」なんて言っていたが、どこにも通じてないかも…。
かなりの危機感に、お腹が減っていることも忘れる。
やっと、ぎりぎりUターンできる場所に出たとこで引き返す。
危うく遭難しかけるところだった…(;_;)。

やっと生月島へ渡り、食事にありつく。
この際、お腹に入れば何でも良い…って状態で入った庶民的なお店。
皿うどんが無茶苦茶美味しかった。

090917_5380.jpg 090917_5378.jpg

お腹がすいていたせいだけじゃなく、今まで食べた中で一番かも…。
量も多く、大将の手を借りて完食。

*****

生月島では、良い景色を堪能。

090917_5384.jpg 090917_5385.jpg

平戸島へ戻り、ザビエル教会へ行くが(また途中で道を間違えた)、工事中で中は見られず。
行く前から期待していた大将、がっくし。

090917_5388.jpg 090917_5397.jpg
右は、元電話ボックスのリユース。

*****

17時頃、ホテルへチェックイン。

ホテルは古かったが、中は清潔そうだった。
全室オーシャンビュー。

090917_5402.jpg

お風呂は茶色いにごり湯で、湯船の底が見えないので、入るときがちょっと怖い。
全体ぬるめだが、ゆっくりつかるのにはちょうど良い。
展望風呂が、階段を3階まで昇ったとこにあり、そこまで全裸で移動ってのが、どうにも不便(--;)。
(いや、前はタオルで隠してたけど…)

*****

食事は、まずくはないが、味が薄いものから、塩辛い物までいろいろ。

090917_5404.jpg

でも、魚料理と平戸牛は美味しかった。

090917_5405.jpg 090917_5403.jpg

全体が60点でも、魚が100点なら、大将も私も文句はない。

ぶりの生き造りショーや、踊りや太鼓のステージなどもあり、楽しめた。

*****

部屋へ戻り、疲れと酔いで、22時前に寝てしまう。(大将は21時前に撃沈)

目を覚ましたら、1時頃。
大将は起きていて、チューハイと日本酒1本を飲み、さらにビールに手をだしたとこ。
一緒に、ビールを飲んでいたが、大将は先に寝る。
私はなかなか寝付けなかった。