FC2ブログ
今日も酔っぴ♪
ツイート以外はこちらから
温冷浴
2009年11月17日 (火) | 編集 |
大将は、自分自身の服装をすごく気にする。
ちょっと着道楽タイプ。(人のことは言えないが…)

でも、私についてはあまり気にしない。

「この服、どう?」と聞いても、大抵は関心なさそうに「良いんじゃない」。(どうでも良いの響き)

それでも、よっぽど酷いとき(室内用の厚手の靴下のままパンプスを履こうとしたときとか(^^;))は、「それ、変だろう」と言う。

*****

午後、義母に頼まれた洗顔石鹸などを買いに、街中へ。

ちょっと買って、すぐ帰宅するつもりだったので、いい加減な格好にノーメイク。(5年前では考えられない)
それでも冷たい雨が降っていたため、ニットの上着を着て行く。

だが、外は寒くても、屋内は暖かい。
暑かったり、寒かったり…で、上着を脱いだり着たり。


駅ビルから別のデパートへ移動する途中、大将が私の顔を見て、「ファンデーション、塗った方が良いよ」と言う。
今まで、服装同様、化粧についても、「そんなに変わらないし、(化粧しても、しなくても)どちらでも良いんじゃない」と言っていたのだが…。

よっぽど酷い状態…?(--;)

屋内では顔が火照り、外では冷える…の温冷浴(浴?)効果で、「変な赤紫の顔」になっていたらしい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック